未分類

ブラジャーが原因で乳首が黒ずむ?その理由とは

2017年7月22日

ブラジャー

 

乳首の黒ずみの原因は基本的にはメラニン色素ですが、そのメラニン色素は通常は肌を外部の刺激から守るために生成されます。なので刺激を受けにくい部分が黒ずむ事は少なくなっていて、逆に刺激を受けやすい部分は黒ずむ事が多くなります。

普段は隠されている乳首が刺激を受けやすいと聞くと多くの方が疑問を感じますが、その刺激の元はブラジャーにあります。

例えばブラジャーのサイズが大きすぎた場合にはカップの中でバストが動いてしまい乳首とカップが擦れてしまいます。また、小さすぎる場合には乳首が常に圧迫された状態になりますのでこちらもダメージとなり黒ずみの原因になります。

ではブラジャーをつけなければ良いのかと言えば、ブラジャーはつけた方が良いと言えます。これはブラジャーをつけないと衣服と擦れてしまいますし、バストのサイズダウンや垂れる原因にもなってしまいます。

したがってブラジャーはつけた方が良いのですが、黒ずみの原因になると考えれば着用をためらう方は大多数になります。ただ、この様な問題を一気に解決できる方法があります。

それは自分の胸にピッタリと合ったブラジャーをつける事で、圧迫や擦れから乳首を守ることが可能になります。また、この様なジャストフィットしたブラジャーは締め付けも感じにくくなっていますので、乳首以外にも背中や方などの黒ずみを改善する効果も期待できるとされています。

なおジャストフィットしたブラジャーの購入は、下着専門店でキチンとサイズを測ってもらう事で購入できる様になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です