未分類

気を付けたい、乳首が黒ずみNG行動2つとは?

2017年9月5日

イビサクリーム

シミやそばかす、肌のくすみなどの黒ずみは、なかなかケアが難しい肌トラブルの1つです。

これらできる1番大きな原因は紫外線による日焼けです。

私達の肌は紫外線を受けると、肌の中に多くのメラニン色素を作り出し、外からの刺激から肌を守ろうと働きます。

この時に作られたメラニン色素が、いつまでも還元されずに肌に留まり続けることで、シミなどの黒ずみとなり残ります。

ですが、肌の黒ずみは紫外線があたる部分以外にもできます。

乳首などが、その代表です。

乳首が黒ずんでしまうのは、メラニン色素は紫外線以外の刺激でも作られることが原因です。

メラニンが作られる原因が衣服や下着などによる摩擦

 

肌を刺激する素材の衣服や、サイズがあわずに締め付けがきつい下着を着用していると乳首が摩擦され、それが刺激となってメラニン色素を作り出してしまいます。

これを防ぐには、肌に優しい綿や絹などの素材を選んだり、ゆったりとしたサイズの服を選ぶことが大切です。

同様に、乳首の黒ずみをケアしたいあまりに、ゴシゴシと洗いたくなりますが、これもメラニン色素を増やすことになるので控えるように心がけましょう。

乳首を洗う時はタオルなどは使用せずに、手で洗うのがおすすめです。

メラニンが作られる原因が乾燥

 

入浴後のスキンケアが不十分だと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌の状態で紫外線や摩擦などの刺激を受けると、通常よりも肌ダメージが多くなるなってしまいます。

乳首の黒ずみを予防するには、保湿クリームを塗って乾燥から守ってあげることを意識してみましょう。

日常生活の中で乳首の黒ずみを予防する2つの方法

 

乳首の黒ずみが出来てしまうとどんどん酷くなってしまうので日常生活の中で予防していく事が大切になってきます。

酷くなってしまう乳首周辺が黒くなってしまうので肌が汚く見えてしまいコンプレックスになってしまいます。

それにより悩みながら日常生活を送らなければいけなくなるので日常生活の中で乳首の黒ずみを予防する方法をいくつか挙げていく事にしましょう。

不要な摩擦を与えない

 

乳首の黒ずみの原因でまず挙げられるのが不要な摩擦を与えてしまう事です。

日常生活の中で下着や服を着ますが、サイズが小さいと乳首との間に摩擦が起こってしまいます。

それによりメラニンが発生してしまうので黒ずみが出来てしまいます。

また体を洗う時もナイロンタオルで強く洗ってしまうと乳首との間に摩擦が起こってしまうので黒ずみが出来る原因になります。

乳首の黒ずみを予防していくには日常生活の中で不要な摩擦を与えないようにする事が大切になってきます。

規則正しい時間に睡眠を取る

 

夜更かしをして睡眠不足になっていると肌に負担がかかってしまいます。

それにより肌の免疫力が低下してくるので外部からの刺激を少し受けただけで黒ずみが出来てしまう事もあります。

乳首の黒ずみを予防していくには規則正しい時間に睡眠を取る事が大切になってきます。

規則正しい時間に7〜8時間睡眠を取るようにして肌に負担がかからないようにしていきましょう。

日常生活の中で乳首の黒ずみを予防する方法はこのようにあるので実践して予防していくといいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です